TOEICで800点取る方法

国際化が急速にすすむ現代では、英語力のある人材が重宝されます。そして、語学力の判断規準として広く用いられているのがTOEICです。

TOEICで800点以上を取得できると、転職や就職市場で高い評価を得られるようになります。ここでは、TOEICで800点を取る方法について、詳しく紹介していきます。

1:なぜTOEICで800点必要?800点取得のメリット

TOEICで800点を取得すると、得られるメリットは多々あります。それは、TOIECで800点以上取得できていると、ノンネイティブスピーカーとして英語で十分なコミュニケーションが取れると判断されるからです。

まず、転職や就職市場で優位に立てます。エントリーシートで落とされる可能性を下げたり、英語力を必要とする求人から声がかかったりするようになります。

TOIECで800点取るにはそれなりの勉強が必要なので、取得できると努力できる人だとみなされます。それが、採用に有利に働くことがあるのです。

また、会社員の場合、TOIECのスコアアップにより、海外担当者に任命されるなど昇給や昇進のチャンスに恵まれるようになります。

また、会社員がTOIECのスコアをアップさせると、次のキャリアにも活かせます。急速に進む国際化に対応するために、今まで以上に英語力が求められるようになるでしょう。

2:TOEIC800点取得が条件のサンプル求人

TOIEC800点以上取得できると、以下のような求人に応募できるようになります。憧れの仕事に就くこともできるかもしれません。

・未経験可 外国人付弁護士秘書
日本国内でトップ10に入る大手の法律事務所の求人です。秘書チームは女性の割合が高く、育休制度など女性が働きやすい環境が整っている職場です。未経験でも先輩がバックアップしてくれるので安心です。

・オンライン英会話スクールコンシェルジュ
完全在宅なので、育児や介護などを理由に外で仕事をするのが難しい人でも働けるかもしれません。丁寧な研修制度が整っているので、未経験でも安心して仕事をスタートできます。

・コンスーマーエレクトロニクスエリアマーケティング担当
コンスーマー商品における海外マーケティングを担当する業務です。本社で一定期間研修を受けた後、海外販売会社や拠点に赴任します。

・海外でのマーケティング業務
海外で販売促進業務を担当します。採用後しばらくは本社で研修を受け、その後海外の販売会社に赴任します。

このように、英語力があることを証明できると就ける仕事の幅が広がるのです。英語力があると海外担当の業務や海外での仕事を任せられるなど、業務の幅が広がります。

3:TOEIC800点は問題をこなす順番や絶対とるべき問題などきっちり時間配分すること

TOIECで800点以上を目指すなら英語の基礎学力を高めるだけでなく試験のテクニックについて学ぶことも大切です。

TOIECの問題は量が多いので、時間内に解き終わらないことがほとんどです。時間が足りなくなると焦りが出てきて、今まで勉強した成果を十分発揮できなくなってしまいます。そこで、落ち着いて問題を解くためには、適切な時間配分を理解しておくことが大切なのです。

TOIECの試験はリスニングが約45分リーディング75分の合計約2時間で200の質問に答えるテストです。

まず、リスニング問題については、設問に事前に目を通しておくことで効率よく問題が解けるようになります。

説明文とアナウンスが流れている間に設問をチェックしておくと、どのような問題が出題されるのかがある程度予測できるからです。
問題が始まる前に説明文が流れるので、その間に設問をチェックしておくことをおすすめめします。設問の内容から問題を推測でき、点数アップにつなげられるからです。

TOIECのリーディング問題は、Part5〜Part7までありますが、リーディングでの時間配分が点数アップにつながる重要なポイントです。

まず、Pprt5の英文法問題は、勉強すれば点数アップに直結するので短時間(約15分)を目安に解きましょう。

次にPart6の長文ですが、10分以内に終えるのが理想です。長文なので時間がかかると思ってしまいますが、全ての文章を読む必要はありません。

前後の文章を理解すると解ける問題がほとんどなので、1問40秒を目標に解きすすめていきましょう。

長文読解が中心のPart7は、実は英語上級者でも時間が足りないと感じるほど難易度が高いパートです

リーディング問題で点数を稼ぐためには、このPart7に最も多くの時間を配分することです。Part6とPart7を早めに終わらせて、Part7には55分くらいの時間をかけられるとよいでしょう。

4:TOEIC800点取得の効果的な勉強方法1-5

できることなら短時間の勉強で、TOEIC800点を取得したいところです。そこで、効果的な勉強法を5つ紹介していきますので参考にしてみましょう。

①TOIECに出る単語を集中して学ぶ
TOEICの出題頻度が高い英単語だけに集中しましょう。TOEICによく出る単語だけを学びましょう。TOEIC以外にもさまざまな英語の試験がありますが、TOEICではビジネスや日常で使われている単語しか出題されません。そのため、テストに出題される単語も限定されています。

幅広く英単語を学ぶよりも、出題頻度の高い英単語にだけ絞って勉強したほうが短期間で得点アップがねらえます。

TOEICに出る単語をまとめたフレーズや、単語をまとめた参考書があるので、使ってみましょう。

②洋書の多読でリーディング対策
リーディングパートで最も難解となるPart7対策として、洋書の多読がおすすめです。とにかく、文章が長いのでじっくり読み進めていると問題を解く時間がなくなってしまいます。

そこで、英語の長文を速く読む訓練を行いましょう。学習をはかどらせるコツは、自分のレベルに合っているか、興味がある洋書を選ぶことです。

③文法は高校レベルで十分
大学レベルの知識は求められていないので、中学から高校レベルの文法に絞って勉強するのが効果的です。

高校の英文法を短期間でおさらいできる本が販売されているので、活用してみましょう。

④高得点目指すならリスニングに集中
リスニングはリーディングよりも得点を伸ばしやすいので、リスニングの勉強をがんばりましょう。

リスニングの学習で効果的なのが英語の発音を聞いてそれを口から発する「シャドーウィング」と耳から入ってきた英語を書き取る「ディクテーション」です。問題集などを活用して、英語を聞き取る耳を鍛えていきましょう。

⑤アプリで隙間時間を有効活用
隙間時間を有効活用することで、忙しい人でも勉強時間を確保できるようになります。隙間時間を使った勉強に役立つのがスマホのアプリです。TOEIC勉強のためのアプリがたくさんあるので、自分に合ったものを選んで使ってみましょう。

5:まとめ

TOIEC800点を取得すると、就職や転職で有利になり、仕事のチャンスも広がります。英英語が苦手な人でも、勉強した分だけ得点につながりやすいのがTOEICの特徴です。

英語が苦手でも、ポイントを押さえて勉強すればTOEICでの得点アップは難しくありません。

自分に合った勉強法を見つけること、TOEICに集中した勉強を行うことで800点取ることも夢ではありません。グローバル社会で活躍するためにも、TOEIC800点を目指してみましょう。
今後のグローバル社会に適応するためにも、TOEIC800点を目指してみましょう。