学校関係インタビュー

  • 英語教員インタビュー 高橋さん(英語教員)

現在、中学校の英語教員として活躍している高橋さんにインタビューさせて頂きました!

■英語が好きになったきっかけは何でしょうか?
⇒ 中学生2年のおわり頃まで、英語はほんとうに苦手で、アルファベットもちゃんと順番通りに書けなかった程でしたが、3年になり受験を意識し始めたことで、塾に入りましたが、その塾の先生がすご腕の方ですぐに基礎を覚えることができ、だんだんわかるようになったことで、英語を勉強することが苦ではなくなり、それから英語はずっと好きです。

■教員をめざそうと思ったきっかけは何でしょうか?
⇒はじめは、大学に入ってだらだら勉強するだけでは今までと変わらないと思い、自分が大学で学んだことを形にしたいと思い、教員免許をとろうと思いました。しかし授業や実習で学んでいく中で教育の奥深さ、楽しさ、また難しさを知り、大学3年の時に日本人講師(JET)として参加した小学生の英語キャンプに参加したことで、先生になることが「興味」から「夢」に変わりました。

■留学をした理由は何でしょうか?
⇒卒業後、中学校の英語教員になったのですが、授業をしていくにつれて自分の英語力、知識、経験値に疑問を持つようになりました。というのも、それまで私は人生で一度も海外へ行ったことがなく、大学の授業やTOEICなどの資格取得の勉強をするうえで学んだことしかなかったのです。

自分は数えられるくらいの外国人としか話したことがなく、ましてや海外の文化や習慣に関して見たことすらなかったことに負い目を感じていました。知らないことを教えることに、生徒たちへの罪悪感も感じていました。そこで、もともと臨時的な任用教員であったことを利用し、契約更新せず契約が切れたところで海外へ行こうと決心しました。

■留学をしてよかったこと、特にこれからの教員生活においてプラスになるようなことは何でしょうか?
⇒僕自身はもちろん語学留学をし、目標は英語の習得はもちろんでしたが、それよりも海外の文化、習慣を目で見て肌で感じること、海外でたくさんの人に会って話すことを第一に考えていました。

はじめこそ、様々なカルチャーショックに悩み、言葉、考えの違いに直面し悩むことも多かったですが、ある時、癖であった文法を完璧に使って話そうとすることはやめました。

それよりも、英語を間違えてでも自分の考えを伝えることのほうが大切である、またそうすることで自分自身今までより多くのことを知ることができると気づきました。しかし矛盾になりますが、やはり円滑により内容のある話をする、また海外でより多くのことを知るには英語力の向上は必要不可欠ということも改めて感じました。


教員として働くにあたって、もちろん英語教員としては肌で感じた文化や本物の英語を教えることができるので、この経験は間違いなくプラスに働くかと思います。
また、また幅広く教員としてプラスになりことは、改めて世界にはたくさんの人がいるということを知れることです。当たり前ですが、児童生徒も一人ひとり違い、同じ日本人でも全く違います。しかし、海外ではよりそれを感じることができます。様々な国の人と話し、考え方の違いを知って新たな角度から、物事を見ることができます。また、これは私個人の意見ですが、道徳や学活の時間にそういったことを題材にした授業もできるかと思います。そういった活動を通して、児童生徒たちは自分のあるべき場所や、他者に対しての考え方を鑑みる良い機会を得られると思います。

■教員に必要なことは何でしょうか?
⇒私も、教員歴は2年と短いので絶対にこれというものは言えませんが、私自身が大切にしていることは、「教育に対しての情熱」「学び続けること」です。私の専門は英語ですが、ネイティブのように英語を使えるかと言われたらまだそのレベルには達していません。もちろん英語を教える身である以上は、自分も英語力を維持、また伸ばすことは必要であると思います。

また自分の専門のことだけでなく、授業などにおいても、新しいことの導入の仕方、 授業の流れ、使う教材、言葉遣いなどは、その時に受け持った学年、クラスや児童生徒個人によってかなり変わります。様々な子供たちがいて、彼ら一人ひとり個性が違います。

前に受け持ったクラスはこのやり方で成功しても、新たに受け持ったクラスでは、全然ダメだったということは、必ず起こります。私たちは、教える仕事をしていますが、実は学ぶことも同じくらい多いのです。教員として、教えることへの情熱を持ち、教員としてだけでなく人として、向上することを忘れないように私も頑張りたいです。

■これからの日本の英語教育で必要なことは何でしょうか?
⇒私個人の意見を言わせていただくなら、間違えることです。日本人はスピーキングが一番苦手な傾向があるかと思います。瞬間で英語を作らなければならず、うまく英語を組み立てられないからです。
また間違えることを恐れてしまい、思っていることを伝えられずにもやもやしてしまうことも多いと思います。
私もカナダへ行く前はそうでした。しかし、私たちのような英語学習者が英語を話すときに間違えることは、とても有益なことであるとカナダへ行って思いました。言い方がわからなくて伝えることを諦めてしまうと、その気持ちは通じることはありません。しかし、間違えても伝えようと努力すれば、それは必ず相手に伝わります。
また、伝わった後に、相手は必ず正しい英語を言ってくれます。間違えたほうが得ることは多いのです。ですので、私が受け持つ生徒にはわからなくても挑戦する姿勢のを育み、私も、挑戦して間違えてもよいという雰囲気をつくれるよう努力します。

■当社ワークスピットを利用しての感想をください。
⇒ワークスピットさんを利用してみて思ったことは、とても親身に手厚くサポートしてくださり、また進捗報告や、有益な情報の提供が早く、私自身ももうそんなに話が進んでいたの?と思うくらいでした。初めて面接をしてから、すぐ求人を紹介していただき、また私を色々な学校に紹介いただいたおかげで、面接から数週間で書類選考まで通ることができました。利用してよかったと本当に思います。ありがとうございます。

名前 高橋さん
  • 一覧へ戻る